人工授精(Artificial Insemination,AI)は自然ではなく、人為的に精液を生殖器に注入することによって妊娠を実現することを目的とした技術です。2種類に分別され:(1)夫の精子を使用する場合にAIH (Artificial Insemination by Husband)と呼ばれ; (2)精子提供者の精子を使用する場合に、AID (Artificial Insemination by Donor)に呼ばれます。

人工授精適応の場合:

  • 1、原因不明の不妊:検査に異常無の判断ですが、妊娠できない者。
  • 2、子宮頚の影響:子宮頚粘液不良または抗精子抗体が発生します。
  • 3、子宮内膜症:妊娠が難しいになります。
  • 4、慢性無排卵、多嚢胞性卵巣症候群。
  • 5、性交渉が難しいまたは射精問題。
  • 6、軽いから中度の男性不妊:精子数不足、精子の動きが良くない場合。

人工授精の流れ:

人工授精と普通の女性內診と同じように行い、手術後に30分間横になって休憩した後に帰宅できます。

STEP

01

多数の卵子排出を誘導

まず、多数の成熟卵子の排出を誘導します。一般的、月経中に1つの卵子しか成熟しませんが、不妊治療中に薬物を投入し、数個の卵子を同時に成熟して、妊娠の成功率を高めます。

STEP

02

トリガー注射

超音波と血液検査を行い、卵子の成長状況を確かめ、最適な時間を決めて、トリガーを注射して成熟卵子を排出します。

STEP

03

男性精液の採取

卵子排出後に男性の精液を採取して、実験室に不純物を処理した後に、女性の子宮に注射します。膣と子宮頚から精子への影響を避けます。

STEP

04

人工授精後の第14日目に妊娠検査を実施します。

人工授精後の第14日目に妊娠検査を実施します。

成功率に影響する原因

男性の精子数(動きが良い精子数は1000万個以下の場合に、成功率が低くなります。500万個以下になると、人工授精が難しく、体外受精を考えなければいけません。)

精子の動き良さ

女性の卵巣反応(排卵誘導薬の効力と誘導された卵胞の数量)

女性年齢(卵子の質に影響します)

卵管閉塞程度

骨盤状況