台湾政府のデータから、2016年に台湾結婚件数約14万件ですが、7カップルの夫婦の中に1カップルが不妊の状況です。不妊のファミリーが徐々に多くなり、子供が欲しいですが、色々な原因で、例えば卵巣機能良くない、精子・卵子の質が低下等から、不妊になります。

台湾国民健康署から、2011年から2015年までに、台湾の精子・卵子提供数は3681件です。その中、卵子は2737件ですが、精子は891件しかなく、供給不足の状況です。

不妊の夫婦にとって、あなたから提供した生殖細胞は非常に貴重、幸せの希望です。あなたから提供した精子または卵子は不妊夫婦の心に温め、非常に意義があります。勇気が必要ですが、この愛と幸せを続くため、不妊夫婦の親になる夢を実現しようと力を貢献しましょう。

卵子提供の流れ

  • 提供登録
    • 電話またはネットで「愛を貢献」を選んで、相談員から連絡致します。
    • 来院の時に:1. 身分証明書 2. 健康保険証 3. 印鑑 4. 2インチ証明写真をもって来てください。
    • 来院時に資料と提供同意書を記入してください。
  • 選別、健康評価、選定
    • 相談、健康状況評価
      (血液検査、尿検査、子宮頚検査)
    • 国民健康署から提供者資格を審査します。
  • 提供プロセス:
    • 月経の2日目から排卵誘発剤を注射します。
      (提供プロセス中に、卵胞の成長状況を確認するため、超音波・血液検査などの再診察を受ける必要があります。)
    • 月経の第10~12日目にトリガーを注射します。
      (36時間内に採卵します。) (医師の判断により決めます。卵子の排出と採卵時間の決定に役を立ちます。)
  • 採卵手術:
    • 月経の第13日目前後に採卵します(医師の判断と卵胞の成長状況により採卵日を決定)。
    • 手術による傷跡がなく、入院不要です。体調回復後に帰宅できます。
  • 栄養費を受け取ります。

    栄養費を受け取ります。

    • 手術後の再診察を行い、医師から健康状況を検査して、問題がなければ、栄養費を受け取ります。(台湾人工生殖法の規定により、最高99000台湾ドルです。)

備考:採取された卵子数から計算して、10個以上(10個を含む)採取されたと99000台湾ドルの栄養費を受け取れ、不足すると、栄養費も減額します。

卵子提供の流れ

  • 治療前検査
    基本健康診断+子宮頚検査+抗ミュラー管ホルモン(AMH)。
  • 第1回月経
  • 排卵誘発剤を注射(Day2-7)
    2日目から注射して、約9~10日連続注射します(医師の判断により)。
  • 再診察(Day8-10)
    超音波と血液検査で卵胞成長状況を確認し、採卵日を決めます。
    (血液検査と超音波診断)
  • トリガー注射(Day10-12)
    卵胞の大きさと医師の判断により決定、卵子の排出に役を立ちます。
  • 採卵手術(36時間以内)
  • 再診察
    栄養費を受取

精子提供の流れ

  • 提供登録
    • 電話またはネットで「愛を貢献」を選んで、相談員から連絡致します。
    • 来院の時に:1. 身分証明書 2. 健康保険証 3. 印鑑 4. 2インチ証明写真をもって来てください。
    • 来院時に資料と提供同意書を記入してください。
  • 選別、健康評価、選定
    • 相談、健康状況評価
    • 精液検査(3~5日性交渉停止)
    • 国民健康署から提供者資格を審査します。
  • 精子採取
    • 来院して精子採取と凍結を実行します。
  • 栄養費を受取
    • 6か月後に伝染性疾患血液検査を受け(疾患潜伏期間を確認するため)、正常ならば8000台湾ドルの栄養費を受け取ります。

精子・卵子提供FAQ

卵子

精子